slides slides
slides slides
slides slides

NEWS

2018.12.20  ホームページをリニューアルしました。
news news

栄養豊富な作物は、良い苗が基本。

作物栽培や植林を行う場合に畑や林地に植えつける若い植物を苗といい,
木本植物の苗をとくに苗木と呼んでいる。また,苗を育成することを育苗といい,
育苗を行う場所を苗床(イネの場合は苗代)という。苗半作といわれるように,
苗の良否は植えつけ後の生育や収量に大きな影響を与え,
栽培の成果を左右するので,育苗中の管理には十分注意を払い,
茎が適度に太く,節間が徒⻑せず,根がよく張った無病の苗を作らなければならない。
苗の育成方法は作物によって異なり,種子から育てる場合(実生苗という)
と接木や挿木によって繁殖,育成する場合(接木苗,挿木苗という)がある。